2008年12月15日

大口・七島地区社協で地区懇談会の全体会Tを開催しました!

これまでの記事にも出てきていましたが、大口・七島地区社協で地区懇談会の全体会Tを12月7日(日)に開催しました。

大口・七島地区にある創英高校の“創英ホール”総勢165名ぴかぴか(新しい)の方の参加がありました。
外はとても寒かったですが、部屋の中は熱気で暑いぐらいでした晴れ

 kaijyou.JPG   uketuke.JPG
右斜め上(部屋は満員でしたわーい(嬉しい顔))       右斜め上(自治会長が受付をしてくれましたexclamation×2


大口・七島地区社協の会長の挨拶から始まりました足
aisatu.JPG


ひらめき内容は、 
 @社会福祉協議会とは?
 A大口・七島地区社協の生い立ち
 B大口・七島地区の活動紹介
 C地区社協モデル事業について
 Dアンケートの趣旨、目的について
 Eアンケート結果報告 
             でした。


これまで、地区社協役員で、アンケート作成→配布(実施)→回収→集約→分析→考察と続けてきました。その結果を、この地区懇談会で地域の皆さんにお披露目をしました。
アンケート報告書は、参加者に1冊ずつ配布し、一緒に内容を見られるようにしていました。

jigyou.JPG

また、3部会(防災、高齢者支援、世代間交流)に分かれているので、それぞれの部会からも報告がありました。

1.JPG     2.JPG

3.JPG     4.JPG

右斜め上(それぞれの部会のメンバーから報告がありました)


ひらめき初めての試みでしたが、165名というたくさんの方に参加いただけたことはとてもすごいことだと思います。準備などでドタバタしたところもありましたが、それも含めて次回以降につなげられたらと思いますパンチ

またこの中で、分科会の報告をしていきますメモ
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 18:36| 日記

地域をつなぐ交流会〜ミニデイサービス・リハビリ教室〜

12月8日(月)、反町地域ケアプラザにて「地域をつなぐ交流会〜ミニデイサービス・リハビリ教室〜」を行いました。

地域をつなぐ交流会は「神奈川区地域福祉活動計画」の一環として、福祉活動団体の“出会い・ふれあい・語らい”の場としてH17年度から行っており、今年でパート5になります。今年は食事サービス活動、ミニデイサービス・リハビリ教室、障害者地域作業所の3つに分かれ、テーマごとの活動をしているボランティアグループや施設が集まってお話しています。

黒ハート「ミニデイサービス」とは、在宅の高齢者などを対象に歌や体操などのレクリエーションを行い交流することで生きがいをつくり、生活機能の向上などを目指す活動です。
黒ハート「リハビリ教室」とは、脳血管障害や怪我などによる後遺症のある方などを対象に体操やレクリエーションを行うことで機能向上や回復、社会参加、仲間作りを目指す活動です。

お互いに対象とする方は違いますが、活動の内容や持ち方などに共通する部分のある活動で集まり、情報交換を行いました。
話題としては、レクリエーションの内容や担い手・利用者がどうすれば増えるか、などが中心になっていました。

miniday-1.JPG  miniday-2.JPG

レクリエーションではやはりマンネリ化してしまうことが多く、お互いの工夫している点などを出し合いました。
「美容関係の専門学校の生徒さんに来てもらい、お化粧をしてもらうと利用者の方がとっても喜ぶし、張り合いが生まれる」とか「横浜市の船を使って海で簡単なクルージングをした」など面白い工夫も紹介され、それぞれ参考にした様です。

また、利用者が増えない現状に対しては、広報の仕方に言及していました。「私達の活動を求める人はもっといるはず。どうやってその方に情報を届けるかが問題」「地域ケアプラザの広報などでも載せているが、なかなか見てもらえていないのではないか」など活発に意見交換がされていました。

グループごとにどのような話があったかを発表し、今後も集まりを継続することを確認して今回は終了となりました。
情報交換だけでなく、何か1つでも学んで帰れる会になっていくと良いですねexclamation
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 14:10| 日記

2008年12月03日

地域をつなぐ交流会 〜食事サービスボランティア活動〜

小春日和の日差し晴れが降り注ぐ12月1日、片倉三枚地域ケアプラザにて「地域をつなぐ交流会〜食事サービスボランティア活動〜」が行われました。
shokuji1.JPG

今年度の地域をつなぐ交流会は、食事サービスボランティア、ミニデイサービス・リハビリ教室、地域作業所の3分野に分かれて行われます。

その最初である「食事サービスボランティア活動」は8団体14名の参加者の方にお越しいただきましたわーい(嬉しい顔)
shokuji3.JPG

まず、神奈川区地域福祉活動計画を説明させていただいた後、活動計画推進委員の中島さんより神奈川区食事サービス連絡会(仮)のご提案がありました。

その後、参加者の自己紹介を経て、4つのグループごとにフリーディスカッションを行いました。テーマは設けてありましたが、それにとらわれずに、自由で活発な話し合いとなりましたexclamation
shokui5.JPG

約1時間半のフリーディスカッションもあっという間に過ぎてしまうぐらい、熱い、熱いどんっ(衝撃)議論が展開されました。
まだまだ、お話をしたい!という雰囲気でしたが、時間の関係もあり、各グループから話し合いの内容を報告してもらいました。
shokuji4.JPG

各グループの報告を伺うと、今日のような場を設けたことで、他のグループの様々な特色、工夫を参加者同士が知ることができたようでしたひらめき。また、共通の課題も見えてきたようでした。
shokuji6.JPG

来年度に向けて、今日出てきたいくつかの課題を、同じ活動をする仲間同士、力を合わせて取り組み、解決していくためにも連絡会を継続して開催していきたい旨、改めて、中島さんより説明がありましたわーい(嬉しい顔)

2時間の時間もあっという間に過ぎてしまうぐらい、参加者のみなさんの熱い思いを語り合うことができた、素晴らしい交流会となりましたぴかぴか(新しい)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 10:00| 日記