2009年05月25日

大口・七島地区社協 活動計画 高齢者支援部会を開催しました!

大口・七島地区社協で進めている活動計画モデル事業ですが、全体会が終わり、部会ごとでの活動が始まりました。
今回は、高齢者支援部会での動きを報告します。

高齢者支援部会としては、分科会の中で話をした【ゴミ出し】【安否確認】【話し相手】【簡単な修繕】の4項目に絞って話を進めることになりました。

◆この4項目に決まった理由
『アンケート項目(17)身近な高齢者に対する支援として、あなたにできそうなことは何だと思いますか?』 の回答率が高かった項目。

5月23日(土)13時30分から大口仲町第三町内会館にて、高齢者支援部会を開催しました。
今回は、【ゴミ出し】について話をしました。

右斜め下
(13名の方の参加がありました。)
zentai.JPG
「できること」「誰が」「誰と」「いつまでに」と順番に考えていきました。






位置情報 ゴミ出しは、隣近所の人ができるのではないか、という意見がありました。
しかし、ゴミを持って行ってもらうには分別ができていないといけない、というのが現状です。ゴミの分別が高齢の方には難しい面もある、ということだったので、出来る限り自分で分別をしてもらうにはどうしたらいいのかを考えました。

位置情報 字で書いてあってもわかりづらい、と意見が出ました。
そこで、絵で分別表を書くことができないか、絵を書くことは学生に依頼できないか、と続々と意見が出てきました。
また、いつまでに出来そうか、いつ頃から出来そうか、もあわせて話をしました。


同じような形で、他に出てきている「できること」についても話をしました。
右斜め下
(出てきた内容です。)
gomidashi.JPG

たくさんの「できそう!」が出てきました。
今日出てきた意見をまとめて計画を策定していくことになります。

高齢者支援部会は、以上のように動いています。
次回は、【安否確認】を行います。
右斜め下
(次回内容の確認をしています。)
jikai.JPG

その様子は、また随時報告していきたいと思いますペン

posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 16:20| 日記