2010年02月26日

ふり返りシートの実践をしました!

 神奈川区社協では、神奈川区地域福祉活動計画「1人の100歩より100人の1歩」のテイクオフ事業として「ふり返りシートの作成とふり返りの仕組みづくり」に取り組んでいます。
その取り組みを推進する組織として、「ふり返りシート作成委員会」を立ち上げ、具体的な内容を検討してきましたひらめき
 
 検討の結果、委員会では、@団体としての目標、思いの共有、Aメンバーのやる気を高める、B活動を良くする(質の向上)の3点をこの取り組みの目標としました。
 
 その第一弾として、2月19日(金)、新子安地域ケアプラザにて会食会の活動を約20年間続けられている「なべの会」さんにご協力をいただき実践を行いましたわーい(嬉しい顔)

 当日は通常の活動日でもあり、慌ただしい会食会の片付け作業終了後に、取り組んでいただきました。メンバーの方には3グループに分かれていただき、まず、趣旨説明を区社協より行った後、今回のテーマである「入会の目的」について、それぞれの入会時のことを思い出してもらいながら、当時の入会動機を書いてもらいました。
 その後、当日参加した作成委員会の委員がファシリテータとして各グループに入り、記入していただいた物を模造紙に貼り付けながら、それを小テーマ毎にまとめ、見えてくる課題の整理を行いました。最後に、各グループの話し合いの内容を発表していただきました。

seika1.JPG

seika2.JPG

seika3.JPG

 今回の実践を終えてメンバーの方々には、今回の取り組みが現状分析と将来に向けての話し合いであることを理解していただけました。そして、日頃、活動に追われ落ち着いて自分達のグループの事を話し合うことが難しい中で、メンバー同士が思いや目的の共有ができたことが大きな成果でしたグッド(上向き矢印)
 また、メンバーが、利用者に思いを寄せ活動に愛着を持っていることが分かって嬉しかったとの代表の松澤さんからの話しもありましたるんるん
 ただし、設立時の目的と現状が離れてきている部分もあるということで、今後、どういう方向性を打ち出していくのかは、また、話し合いをしていきましょうということで幕を閉じました。

 今後も多くの団体さんの会合等に参加させていただき実践を積み重ね、より良いものを作っていきたいと考えていますので、ご協力のほどよろしくお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 15:33| 日記