2010年11月11日

大盛況!ボランティア受入講座

10月18日(月)、11月8日(月)の全2回で、ボランティア受入講座が行われました。
定員30名の募集でしたが、申込段階で40名を超える大盛況るんるん
会場のやりくりをして、なんとか全員の方に受講していただくことができましたあせあせ(飛び散る汗)

1日目は、情報交換会を行いました。交換会では、自己紹介の後、@新しいボランティアさんについて「みなさんのグループにボランティアさんは必要ですか?」「新しいボランティアさんにはどういうことをしてほしいですか?」、A皆さん自身の活動について「みなさんはなぜ、ボランティア活動をするのですか?」「なぜ、ボランティア活動を始めたのですか?」「なぜ、ボランティア活動を続けているのですか?」をテーマに話し合いを行いました。
みなさん、グループとして、または、個人個人の思いなどを活発に話してもらい、時間が足りないぐらいでした。参加者してくださったみなさん同士の良い情報交換の機会となった感じでしたわーい(嬉しい顔)

(1日目の様子)
ukeire1-1.JPG

ukeire1-2.JPG

2日目は、講師に東日本国際大学の菅野先生をお招きして、1日目のまとめの資料を元にふり返りの時間を持ちました。その後、ワークに入り、まず、ポストイットで「なぜ、ボランティアを受け入れたいのか?」と「なぜ、ボランティアをするのか?」を出し合った。その後、各班で話し合いを持ち、その内容を模造紙に貼り発表しました。発表の後は、講師より、講義やボランティア向けのしおり等の資料の提供があり閉会しました。
(2日目の様子)
ukeire2-1.JPG

ukeire2-2.JPG

ukeire2-3.JPG

2回とも終了後に、アンケートを書いていただきましたが、概ね好評のようでしたひらめき
これまでのボランティアの受入について、改めて考えてみたいというご意見も多数いただきました。
この講座では、ボランティアを求めているグループも、ボランティア活動をしたい人も、お互いが気持ちよく活動ができるようになれば良いなと思い企画しましたぴかぴか(新しい)。グループの方に、1人、1人のボランティアさんの気持ちに改めて、寄り添ってもらうことができて良かったなと思っています手(チョキ)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 13:43| 日記