2011年11月01日

青木第二地区防災フェア開催!!

青木第二地区では、現在、「防災を通した世代間交流」をテーマに地区地域福祉活動計画作りに取り組んでいますが、話し合いをきっかけにした具体的な活動として、10月30日(日)に防災フェアを開催しましたるんるん

この防災フェアは、災害への日頃からの注意を呼びかけるだけでなく、青木第二地区では、場所の問題等で町内会による食糧備蓄はせずに、食糧や情報を各家庭に届けることに集中することを決めました。今回のフェアは青木第二地区住民の方へのお知らせする意味も込めて開催しました。
当日は、お子さん方から高齢の方まで100人を超える方にご参加いただきましたわーい(嬉しい顔)

DSCN0154.JPG

当日は、神奈川区の防災に関する最新情報を神奈川区役所危機管理担当の間正係長から、被災地での支援活動を資源化推進担当の酒井係長からお話をいただきました。

また、当日、会場の後方には、非常食の展示も行われ、各家庭での備蓄を呼びかけました手(パー)
(非常食の展示)
DSCN0151.JPG
(皆さんのかなりの関心がグッド(上向き矢印)!)
DSCN0157.JPG

今後も青木第二地区では、話し合いを続け、今、青木第二地区で取り組むべき課題を見出しながら、活動計画にまとめていきます手(チョキ)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 16:14| 日記

2011年08月19日

地域をつなぐ交流会 〜反町地域ケアプラザ版〜

区内各地の地域ケアプラザで開催してきた「地域をつなぐ交流会」るんるん
今回は5館目となる反町地域ケアプラザでの開催です。
事前にお申込みいただいた人数も50人を超えていましたが、
当日もほとんどの方にご参加いただき、51名の参加でしたわーい(嬉しい顔)

(本当に多くの方にご参加いただきました!)
P1080293.JPG

これまでの交流会同様、複数のグループに分かれ、話を進めていきましたが、たくさんの人にご参加いただいたので、7グループに分かれての話し合いとなりました。

(全7グループが話し合いを!)
P1080295.JPG

話し合いでは、それぞれの活動の紹介や活動の喜びややりがい、課題等が話し合われ、また、支援機関(区社協、区役所、ケアプラザ)への要望や希望も出していただきました。
中でも今回は「情報」が一つのテーマとなり、「グループの活動を地域に広く伝える」、「支援機関の持つ情報を地域に伝える」こと等が話し合いに出され、現状では情報伝達や啓発活動等が不足しているのではないかとなりました。今後の活動計画の展開を考える上でもヒントとなる話でした。

P1080296.JPG

P1080299.JPG

多くの方にご参加いただいた結果、多くの意見と交流が行われ、多くのことを生み出すことができた交流会でした。それでも、ここで生まれたものをさらに、大きく育てていくことも区社協としての仕事ですので、今後の課題もいただいた交流会となりましたぴかぴか(新しい)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 10:17| 日記

2011年08月09日

地域をつなぐ交流会 〜沢渡三ッ沢地域ケアプラザ版〜

神奈川区内の地域ケアプラザを巡り開催している今年の地域をつなぐ交流会。
8月8日(月)は神奈川区でも一番新しいケアプラザである沢渡三ッ沢地域ケアプラザにて開催しましたひらめき
当日は、9名の方に参加していただきましたわーい(嬉しい顔)

CIMG2634.JPG

今回ご参加いただいた方は主に三ッ沢地区にお住まいでボランティア活動をされている方がほとんどでした。
皆さん、自分も楽しく活動していながら、喜んでもらえて、さらに、自分にとって学ばせてもらうこともたくさんあるとのお話でしたるんるん

CIMG2633.JPG

普段の活動がいかに充実しているのか、お話をされる表情からもよく分かりました手(チョキ)
また、今回ご参加の方々から口々に聞かれたのは、自分の住む地域である三ッ沢地区に対する思いでした。皆さん、活動は違っても心は一つ、少しでも貢献したいとのお気持ちとのこと。

CIMG2632.JPG

今後、ますます素晴らしい地域になっていって欲しいなと思いましたひらめき
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 13:32| 日記

2011年08月02日

地域をつなぐ交流会 〜新子安地域ケアプラザ版〜

地域をつなぐ交流会第三弾が新子安地域ケアプラザにて開催されましたぴかぴか(新しい)
今回は25名前後の参加があった前2回の地域をつなぐ交流会とは異なり、参加者の方は少なめの4人。それでも、人数が少ないからこその、中身の濃い話し合いができました。
(少人数ながらもみっちり話し合いグッド(上向き矢印)、そして交流が)
P1080191.JPG
話しの中で活動の話だけでなく、個人的なお話まで出していただき、本当の意味での深い交流ができました。

P1080193.JPG

これで地域をつなぐ交流会も3つの地域ケアプラザを終えましたが、地域ごとに話し合いも様々。
それでも、必ず参加者の方の交流が生まれていることを実感していますひらめき
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 09:10| 日記

2011年07月29日

地域をつなぐ交流会 〜神之木地域ケアプラザ版〜

7月29日(金)、片倉三枚地域ケアプラザ版に続き、神之木地域ケアプラザ版の地域をつなぐ交流会が開催されました。主に神之木西寺尾地区、大口・七島地区、松見地区の25名ものたくさんの
方が参加してくださいました!
(会場は熱気ムンムングッド(上向き矢印)!)
P1080189.JPG
テーマを特に設けず、皆さんの日頃の活動を自由に話していただきましたが、それぞれ活動内容や思いも違いますが、共通するのは活動への情熱ぴかぴか(新しい)
あちらこちらから、熱く語る声や笑い声が聞こえてきました。
P1080187.JPG
あっという間の2時間を過ごし、終了しましたが、取らせていただきたアンケートでは、「活動への元気をもらった」「励みになった」「地区内の様々な活動を知る機会となって良かった。」「各団体を連携を深めていきたい」等の意見が寄せられましたわーい(嬉しい顔)
とても良い雰囲気で交流会を行うことができましたひらめき

次回は8月1日(月)新子安地域ケアプラザです。
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 18:51| 日記

2011年07月26日

地域をつなぐ交流会 〜片倉三枚地域ケアプラザ版〜

これまで、様々なテーマで開催してきた地域をつなぐ交流会。
特に、ここ数年は、活動内容別に開催してきました。

今年度は、区内に6館ある地域ケアプラザエリアで地域別に開催します。
同じケアプラザエリアで活動しながらも、なかなか交流する機会のないボランティアグループの皆さんにお集まりいただき、自由に語りあいながら、お互いを知る機会「出会いの場」としていただければとの目的で開催します。

その第一弾が7月25日(月)14:00〜片倉三枚地域ケアプラザにて開催されました。
当日は11団体23人もの方が参加していただきました。
(たくさんの方が参加わーい(嬉しい顔)!)
CIMG3973.JPG

話し合いでは、活動内容は違っても、皆さんの“地元”を少しでも良くしていこう!という思いで活動されている皆さんなので、とても活発で充実した話し合いになりましたぴかぴか(新しい)
CIMG3950.JPG

さらに、話し合いの中では、活動の中での喜びややりがいも語られ、利用者さんの笑顔こそが皆さんの原動力になっていることが再認識されましたひらめき
CIMG3961.JPG

また、“地元”ながらも、お互いの活動を知らなかった場合もあるようで、お互いに顔を見ながら話をし、情報交換を行うことができて本当に良かったとの声も聞かれましたるんるん
(最後のまとめ)
CIMG3974.JPG

今後も、各地域ケアプラザで交流会は続いていきます。
次回は、7月29日(金)神之木地域ケアプラザです。
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 10:19| 日記

2011年05月27日

青木第二地区地域福祉活動計画実行委員会立ち上げ!

青木第二地区では、これまで地区版地域福祉活動計画の策定に向け、話し合いを重ねてきました。
その中で、策定に向けた組織作りが行われ、地域から町内会長(6名)、民生・児童委員(2名)、青少年指導員(2名)、体育指導委員(2名)、老人会(2名)、保健活動推進委員(2名)、子ども会(2名)の合計18名で「青木第二地区地域福祉活動計画実行委員会」組織されました。
さらに、話し合いの中で、活動計画のテーマ設定がなされ「防災を通した世代間交流」と決定されています。

そして、いよいよ第1回の会合が、5月24日(火)上反町町内会館にて開催されましたグッド(上向き矢印)

まず、青木第二地区社協会長で、実行委員長でもある戸張会長より挨拶がありました。
続いて青木第二地区連合町内会長の澤会長からも挨拶がありました。
両会長からも、この計画策定に向けた意気込み、思いが語られましたぴかぴか(新しい)

HI3B0057.JPG

その後、区社協より「地区社協活動計画モデル事業」の概要と「地域福祉活動計画の進め方(案)」を説明させていただきましたカラオケ

さらに、防災の勉強ということで、神奈川区役所より間生係長のお越しいただき、「東日本大震災における神奈川区の対応等について」話をしていただきました。

それを受けて、参加者によるフリーディスカッションが行われ、活発な話し合いが展開されました。
町内会単位の防災への取り組み状況の確認、新住民と古くから住む住民との関係、そして、防災といっても、結局、それを動かすのは人なので、人間同士のつながりが大切であることなどの意見が出されましたるんるん

HI3B0056.JPG

いよいよ本格的に動き始めた活動計画作り。
次回もフリーディスカッションで意見を出し合い、今の青木第二地区の現状を出し合います。
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 14:52| 日記

2011年05月09日

みんなで楽しく歩け歩け運動!!史跡めぐりと工場見学 (子安通一丁目地区社会福祉協議会)

平成23年4月17日(日)晴れ子安通一丁目地区社協主催のイベント「みんなで楽しく歩け歩け運動!!史跡めぐりと工場見学」が行われました。

子安通一丁目の東浜児童公園をスタートし、生麦事件の史跡を目指しました。その後、近隣にある「キリン横浜ビアビレッジ」を見学、休憩をとって東浜児童公園へ戻りました。

(元気にスタート)
23.4.17koyasudoori1.JPG

(生麦事件石碑)
IMGP1771.JPG

(キリン横浜ビアビレッジ)
23.4.17yokosudoori2.JPG

2時間ほどの道のりに総勢110名ほどの皆さんが参加。未就学児や小学生の参加(もちろん保護者の方も)も多く、子安通一丁目地区の「つながりの輪」の広がりを感じましたぴかぴか(新しい)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 13:16| 日記

2011年02月18日

ふり返りシート作成委員会の取り組み 〜なべの会での実践第2回〜

神奈川区社協では、神奈川区地域福祉活動計画の取り組みとして団体活動のふり返りの仕組みづくりに取り組んでいます。この取り組みは、評価をするのではなく、様々なテーマに沿って話し合うことで、グループの目的や思いをメンバー間で共有し、グループの活動を高めてもらうことを目的として実施しています。

実践はご自身も様々な活動をしていてふり返りシート作成委員になっていただいている方をファシリテーターとし、実施しました。ファシリテーターは結論を導くことはなく、話し合いの整理と進行のみ行います。よって、主役はグループで活躍される皆さん自身です。
 
 今回、昨年にもご協力いただいた「なべの会」さんに再びご協力をいただき実践を行ってきました。
hanasi1.JPG

その前に美味しいお食事もごちそうになってしまいましたわーい(嬉しい顔)
その部分はかなぱん日記にてご覧下さい!

今回のふり返りは、「グループの活動内容」をテーマに行いました手(チョキ)
まずは、活動内容とその思い、考え等をふせんに書いてもらいました。
(1グループ)
1gr.JPG
(2グループ)
2gr.JPG

出てきた意見をファシリテーターが整理していきます。
seika1.JPG

その後、グループの話し合い内容をグループごとに発表します。
hattupyou.JPG

そしてできあがった成果物がこちら。
(1グループ)
seikabutu1.JPG
(2グループ)
seikabutu2.JPG

共通の内容としては、メンバーの方は個人としても楽しんで活動できているし、グループの存在意義も強く感じているグッド(上向き矢印)。たくさんの利用者さんも楽しんで来てくれているのがうれしいわーい(嬉しい顔)
だからこそ、この活動を続けていくのはどうしたらよいか。。。
体制、やり方、人材等、未来に向けた課題はある中で、どうしていこうか、そこが課題として、浮き彫りになってきました。その点はメンバーの中でも考えていたことではあったようですが、改めてメンバーで共有することで、共有課題に向かうための方向性が整理されたと思いましたひらめき
今後もなべの会さんとの取り組みを続けていきたいと考えています。

区社協ではこの取り組みをさらに、多くの団体に広げていくつもりです。
ぜひ、わがグループもやってみたい!というグループがありましたら、区社協までご連絡下さいphone to
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 17:15| 日記

2010年11月11日

大盛況!ボランティア受入講座

10月18日(月)、11月8日(月)の全2回で、ボランティア受入講座が行われました。
定員30名の募集でしたが、申込段階で40名を超える大盛況るんるん
会場のやりくりをして、なんとか全員の方に受講していただくことができましたあせあせ(飛び散る汗)

1日目は、情報交換会を行いました。交換会では、自己紹介の後、@新しいボランティアさんについて「みなさんのグループにボランティアさんは必要ですか?」「新しいボランティアさんにはどういうことをしてほしいですか?」、A皆さん自身の活動について「みなさんはなぜ、ボランティア活動をするのですか?」「なぜ、ボランティア活動を始めたのですか?」「なぜ、ボランティア活動を続けているのですか?」をテーマに話し合いを行いました。
みなさん、グループとして、または、個人個人の思いなどを活発に話してもらい、時間が足りないぐらいでした。参加者してくださったみなさん同士の良い情報交換の機会となった感じでしたわーい(嬉しい顔)

(1日目の様子)
ukeire1-1.JPG

ukeire1-2.JPG

2日目は、講師に東日本国際大学の菅野先生をお招きして、1日目のまとめの資料を元にふり返りの時間を持ちました。その後、ワークに入り、まず、ポストイットで「なぜ、ボランティアを受け入れたいのか?」と「なぜ、ボランティアをするのか?」を出し合った。その後、各班で話し合いを持ち、その内容を模造紙に貼り発表しました。発表の後は、講師より、講義やボランティア向けのしおり等の資料の提供があり閉会しました。
(2日目の様子)
ukeire2-1.JPG

ukeire2-2.JPG

ukeire2-3.JPG

2回とも終了後に、アンケートを書いていただきましたが、概ね好評のようでしたひらめき
これまでのボランティアの受入について、改めて考えてみたいというご意見も多数いただきました。
この講座では、ボランティアを求めているグループも、ボランティア活動をしたい人も、お互いが気持ちよく活動ができるようになれば良いなと思い企画しましたぴかぴか(新しい)。グループの方に、1人、1人のボランティアさんの気持ちに改めて、寄り添ってもらうことができて良かったなと思っています手(チョキ)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 13:43| 日記

2010年10月07日

ボランティア受入講座をやります。

神奈川区地域福祉活動計画を推進している「地域福祉活動計画推進委員会」では、昨年度、ボランティアグループ、地区社協等に実施したアンケートの結果を受けて、委員会にて検討した結果、団体、グループにおけるボランティアの受入に課題があることが分かりましたひらめき

貴重な人材である新しいボランティアさんとグループメンバーがお互いに気持ちよく活動するための受入方法について学びますわーい(嬉しい顔)

チラシはこちら

日時:第1回(情報交換会) 10月18日(月) 
第2回(講座)    11月 8日(月)
   時間はいずれも午後2時〜午後4時
場所:はーと友神奈川 多目的研修室
定員:30名(先着順)
参加方法:@団体名、A参加者名、B電話番号をお伝えいただくかご記入の上、郵送、TEL、FAXにて下記あてお申し込み下さい。
申込締切:10月14日(木)

お申し込み・お問い合わせ
横浜市神奈川区反町1−8−4 はーと友神奈川
社会福祉法人 横浜市神奈川区社会福祉協議会
TEL:311−2014 FAX:313−2420
担当:梅木

みなさまのお申込をお待ちしていまするんるん
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 11:48| 日記

2010年08月24日

青木第二地区地域福祉活動計画モデル地区地域説明会開催!

まだまだ暑い日差し晴れが降り注ぐ8月22日(日)、今年度から新たに地区地域福祉活動計画モデル地区の取り組みが始まった青木第二地区において、地域の方に向けた説明会が開催されましたぴかぴか(新しい)

当日は、各町内会長のご尽力もあり、多くの方が参加してくださいましたるんるん

raijyousha.JPG

冒頭には、各町内会長のご紹介がありました。
kaicho.JPG

今回の主催者である、戸張地区社協会長からあいさつがありました。
kaichoaisatsu.JPG

当日は、区社協より地域福祉活動計画に取り組む目的、概要、これまで取り組んだ子安通一丁目地区、大口・七島地区の事例等を説明しました。
kushakyosetsumei.JPG

多くの方が、うなずきながら聞いてくださり、内容を理解していただけたように思います決定。それも、参加者の方の、地元青木第二地区への愛情があってこそ黒ハート

今後の活動計画の取り組みに向けて、良いスタートを切ることができましたわーい(嬉しい顔)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 13:25| 日記

2010年03月09日

大口・七島地区で防災訓練を実施しました!

平成22年3月7日(日) 大口・七島地区における防災訓練が実施されました。

当日は生憎の雨模様でした雨が、98名の方々が会場の大口仲町第三町会の会館に集まりました。

午後1時より
神奈川消防署松見消防出張所の田邊所長をお迎えして、「横浜市の火災被害状況や救急対策事情」や「阪神・淡路大震災当時の現地の方々のご苦労や被害時の助け合いや支え合いの風景」をお話しされました。

また、AEDの使用方法人工呼吸の方法など実技を絡めての熱心なご指導に地域のみなさんも「見入り、聞き入り」と時間の経つのを忘れて、熱気溢れる防災講演になりましたメモ

右斜め下 実物を見てAEDの使用方法を聞きました
20100307_005.jpg

 
右斜め下 様々な世代が参加しました
20100307_001.jpg

雨天のため、野外での煙体験、消火体験等はできませんでしたが、日頃から防災意識を家族全員で高めていくことの大切さを学びました。
  
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 15:43| 日記

2010年02月26日

ふり返りシートの実践をしました!

 神奈川区社協では、神奈川区地域福祉活動計画「1人の100歩より100人の1歩」のテイクオフ事業として「ふり返りシートの作成とふり返りの仕組みづくり」に取り組んでいます。
その取り組みを推進する組織として、「ふり返りシート作成委員会」を立ち上げ、具体的な内容を検討してきましたひらめき
 
 検討の結果、委員会では、@団体としての目標、思いの共有、Aメンバーのやる気を高める、B活動を良くする(質の向上)の3点をこの取り組みの目標としました。
 
 その第一弾として、2月19日(金)、新子安地域ケアプラザにて会食会の活動を約20年間続けられている「なべの会」さんにご協力をいただき実践を行いましたわーい(嬉しい顔)

 当日は通常の活動日でもあり、慌ただしい会食会の片付け作業終了後に、取り組んでいただきました。メンバーの方には3グループに分かれていただき、まず、趣旨説明を区社協より行った後、今回のテーマである「入会の目的」について、それぞれの入会時のことを思い出してもらいながら、当時の入会動機を書いてもらいました。
 その後、当日参加した作成委員会の委員がファシリテータとして各グループに入り、記入していただいた物を模造紙に貼り付けながら、それを小テーマ毎にまとめ、見えてくる課題の整理を行いました。最後に、各グループの話し合いの内容を発表していただきました。

seika1.JPG

seika2.JPG

seika3.JPG

 今回の実践を終えてメンバーの方々には、今回の取り組みが現状分析と将来に向けての話し合いであることを理解していただけました。そして、日頃、活動に追われ落ち着いて自分達のグループの事を話し合うことが難しい中で、メンバー同士が思いや目的の共有ができたことが大きな成果でしたグッド(上向き矢印)
 また、メンバーが、利用者に思いを寄せ活動に愛着を持っていることが分かって嬉しかったとの代表の松澤さんからの話しもありましたるんるん
 ただし、設立時の目的と現状が離れてきている部分もあるということで、今後、どういう方向性を打ち出していくのかは、また、話し合いをしていきましょうということで幕を閉じました。

 今後も多くの団体さんの会合等に参加させていただき実践を積み重ね、より良いものを作っていきたいと考えていますので、ご協力のほどよろしくお願いしますぴかぴか(新しい)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 15:33| 日記

2010年01月19日

大口・七島地区社協で一人暮らしの高齢の方へ年賀状作成!

このブログの中でも活動を紹介してきましたが、高齢者支援部会の最近の様子をお伝えしますカラオケ

今まで地域の方からたくさんの「できること」について意見を出してもらってきました。

【安否確認】について話し合いをしている中で、“季節版お手紙、ハガキ作成”という意見が出ました。
個人名で、しかも手書きのハガキが来たら嬉しいのではないか、ということで、まずは、年賀状を送ってみよう!となりました。

学生に描いてもらうといいね、と部会の中で話が出ていたので、今回は地元の小学校である大口台小学校七島地区のこども会、地元中学校の神奈川中学校浦島丘中学校にもご協力いただき年賀状を作成しました。

IMG_1191.JPG   たくさんのトラ 猫の絵が集まりましたひらめき








IMG_1170.JPG  神奈川中学校ではコンテストが行われました。
  「どれを送ろうかな〜」と選んでます。







宛名は、民生委員の方々が手分けをして書きました。差出人は、大口・七島地区社会福祉協議会で出しました。
今回は300枚の年賀状を送りました。

送られてきた方の反応はと言うと・・・
「いらない」と返却してくる方はいらっしゃらなかったようですわーい(嬉しい顔)
さらに、お礼の電話やお礼の年賀状が地区社協の役員の方や民生委員の方に届いたとのことですメール

目には見えないつながりが、新年からできましたわーい(嬉しい顔)
これからもつながりをさらに作り、広げていけると素晴らしいな、と思いますパンチ


posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 14:42| 日記

2009年11月19日

「わくわく!ステップ」助成団体成果発表!!

9月決定の「わくわく!ステップ」助成団体の実践活動が終了しました!

10月には菅田地域ケアプラザから申請のあった「菅田町認知症高齢者支援マップの作成と配布」については、成果物である冊子ができあがりました!

sugeta.jpg

認知症に関する正しい知識と相談機関などが掲載されていて、菅田地区にお住まい方々に認知症に関して、少しでも安心を提供できる冊子となっています手(チョキ)


11/7(土)には片倉三枚地域ケアプラザにおいて、片倉地区を中心に活動している14団体が参加訴した「ほほえみサポート交流会」が実施されました。

katakura1.JPG

この交流会を通して、日頃、顔を会わすことのないボランティアのみなさんが一堂に介し、「出会い/語らい/ふれあい」のひとときを楽しい催し物に笑顔を交えて、楽しく過ごされましたわーい(嬉しい顔)

katakura2.JPG

 まさに地域福祉活動計画のスローガンである「1人の100歩よりみなさん(100人)の1歩」の瞬間でしたぴかぴか(新しい)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 17:09| 日記

2009年10月09日

「わくわく!ステップ」いつでもコース助成決定!!

今年度から助成額10万円以下の「いつでもコース」と10万円以上の「チャレンジコース」2つのコースに分かれ、新しい仕組みとなった「わくわく!ステップ」グッド(上向き矢印)

年4回審査の「いつでもコース」9月の審査会が行われました。申請は2件。
「横浜市菅田地域ケアプラザ」「片倉三枚地域支え合い連絡会」から申請がありました。

「横浜市菅田地域ケアプラザ」の申請は、「菅田町認知症高齢者支援マップの作成と配布」の申請でした。
認知症の説明や様々な支援体制が記載され情報を分かりやすく伝えることができるものとなっています。

「片倉三枚地域ケアプラザ」の申請は、ほほえみサポート交流会」ということで、片倉、三枚、神大寺地区で活動している団体同士の交流会での申請でした。

いずれの内容も地域での福祉活動を進め、地域に活動者のネットワークを広め、福祉の網の目を細かくしたい!という神奈川区地域福祉活動計画の趣旨に合うものとして助成が決定しましたぴかぴか(新しい)

今後も、今回決定した2件の具体的な動きをこのブログでもご紹介していきます手(チョキ)

みなさんも、ぜひ、「わくわく!ステップ」の申請を検討してみてくださいね!
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 10:24| 日記

2009年06月30日

大口・七島地区社協活動計画 高齢者支援部会【第5弾】開催!

6月13日(土)14時から大口仲町第三町内会館にて、高齢者支援部会を開催しました。
今回は、【話し相手】について話をしました。


今回は、16名で話し合いました。

P1040513.JPG

小学校で聞いてきた話を報告した後に、参加者の方からも意見を聞きました。

位置情報 大口の昔話、歴史等のお話会ができると良いのではないか、という意見がありました。
語り部ということで、高齢の方から戦争中の話を聞いたり昔の大口の話を聞けるとおもしろいね、ということでした。
また、小学生から学校の様子の話を聞くのも新鮮かも、という意見も出ました。


位置情報 年齢を問わずの交流会として、大口・七島地区社協でやっている”スタンプラリー大会”は、参加者が一体感を感じて参加することができているからそういうイベントはとても良いのではないか、という意見がありました。


熱く意見を話してもらっていますむかっ(怒り)

P1040516.JPG

今回の部会で、4項目についての意見交換が出来ました。
今後は、今回出てきた意見を取り入れながら計画を策定していきます。
計画策定に向けて話し合いを重ねていきますので、また随時報告をしていきますペン









posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 11:33| 日記

2009年06月25日

大口・七島地区社協活動計画 高齢者支援部会【第4弾】開催!

6月9日(火)、今回は大口台小学校にて、高齢者支援部会を開催しました。

これまでの部会は、大口に住む一般の方から意見を聞いてきました。
今回は、小学生として何ができるかを聞くために、大口台小学校のご協力受けて、3年生と6年生から意見を聞くことができました。


最初は、小学3年生から話を聞きました。
「おじいちゃん、おばあちゃんに何ができると思う?」の質問に対して、たくさんの意見を出してくれました。
  ・話をすること
  ・ごはんを一緒に食べること
  ・一緒に遊ぶこと
    (おにごっこ、カルタ、トランプ、しりとり 等)
  ・買い物をする時手助けをする
  ・家の中でお手伝い
  ・肩たたき、マッサージ    などなど

3nensei.JPG


次に、小学6年生からも意見を聞きました。
同じ質問をしたところ、3年生と同じような意見がたくさん出てきました。

6nensei.JPG

みんなの話を聞く中で、部会員は気づきましたひらめき

小学生には、高齢の方=元気というイメージが強い、ということが良く分かりました。
高齢の方の中には、支援を必要とする方もいる、というイメージはほぼありませんでした。
また、自分のおじいちゃん、おばあちゃんとの接点しかないようで、隣近所にどういう人が住んでいるのかはわからない、という意見もありました。

位置情報 高齢の方と接点をもつ場がないから交流する場が欲しい、
位置情報 自分たちはお食事会によんでもらうから今度は自分たちがご飯を作りたい、
位置情報 グラウンドゴルフ大会などスポーツ大会がある時は一緒に参加したい、

などの意見もありました。

現状では、近所の高齢の方とのつながりはそんなにないような話でしたが、そのつながりを小学生は楽しみにしているような感じでした。
小学生の率直な意見を聞くことができたので、この意見を活動計画に活かしていきたいと考えています。

次項有 ”つながり”については、もう一つの部会である『世代間交流部会』で話し合いをしていることろです。
『世代間交流部会』では、”つながり”を地域全体に広めていくためには、どうしたらいいかを話しています。



posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 18:59| 日記

2009年06月24日

大口・七島地区社協活動計画 高齢者支援部会【第3弾】開催!

6月6日(日)14時から大口仲町第三町内会館にて、高齢者支援部会を開催しました。
今回は、【簡単な修繕】について話をしました。



P1040335.JPG

今回は12名で話し合いをしました。

位置情報 意外と地域の中で、修理や点検をすることができる人がいるのではないか、という話が出ました。
ただ、どこにそのような方がいるのかがわからないから、できることを『登録制』で把握するのは良いのではないか、という意見が出ました。
→登録制にするには、大口・七島地区の全自治会町内会で協力して取り組む必要があるのではないか、ということでした。


位置情報 登録制にするにしても、”PRが必要”だろう、という話が出ました。誰でもわかるようにするために、大きな字で書いたり、町会ごとに知らせたりする必要がある、ということも意見で出ました。


(出てきた内容です。)
右斜め下
IMGP4844.JPG
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 18:30| 日記